Surfing Surfing goods

【激安サーフグローブ】ワークマンでサーフグローブが買える時代

最近寒いし、サーフグローブが欲しいけど、
意外と高いし、どれが良いのか分からない。

しゅみ子
1173さん

実は意外なお店で、
サーフィンのグッズをやすく揃えることができるんだよ!

意外なお店??
しかも安く揃うの??!
どこ!?どこ?

しゅみ子
1173さん

実は、作業着でおなじみのワークマンなんだ!

えええ。あのお店行ったことないよ!
サーフィン用品扱ってるなんてしらなかった。

しゅみ子
1173さん

正確にはサーフィン用品ではないんだけどね(笑)
でも全然流用できるから、紹介していくよ!

冬のサーフィン。寒いですよね。

冷えは、手足からなんて言葉もありますが、
冷えは体だけでなく、お財布にも来るものです。

今回はそんなお財布の冷えも、体の冷えも解消してくれる最強のアイテムを紹介します。

ワークマンのサーフグローブ

ワークマン。
みなさんは行ったことありますか?

職業によっては毎日行ってるよって方もいるかと思いますが、
あんまり入ったことのない方の方が多いのではないでしょうか。

実はそんなワークマン、
最近では、普段着から釣り具、スキーウェアなど、幅広いジャンルを展開しています。

サーフィングッズを安く買いたい。
そんな皆様の要望の中、1173lifeが目をつけたのが、ワークマンのグローブ。

サーフアイテムとして、取り扱っているわけではありませんが、
ほぼ全くと行っていい程サーフィングローブと同様のアイテムになっております。

商品名はNEOPREN グローブ

ウェットスーツと全く同じ素材でできています。

見た目も変に気取ったデザインではなく、通常の黒に黄色字の商品名。
海でつけていたら、普通のサーフグローブです。

変にロゴのの強調されたデザインでないところは、
ワタシ的高ポイントな部分です。

では、使用感の方をレビューしていきたいと思います。

最大のおすすめポイント:グリップ力

最大のおすすめポイント:グリップ力

安いサーフグローブって、めちゃくちゃ滑りませんか?

私の経験上、値段と滑りやすさ(グリップ力)は比例します。
その私の経験をぶち壊したのがこの商品。

さすが工業用品を専門で取り扱っているお店というところでしょうか。

かなりのグリップ力で、テイクオフの際も滑らずサーフィンを楽しめます。

この価格で、これだけのグリップ力が期待できるとなると、
高いサーフグローブを買うよりも、むしろワークマンのグローブがおすすめでは?
と感じてしまうほどでした。

寒くないの?:冬の14℃の海では余裕でした。

寒くないの?:冬の14℃の海では余裕でした。

どんなに安かろうと、どんなに滑らなろうと、
やはり気になってしまうのは、その寒さ耐性。

冬に海にストレスなく入ることが目的なのですから、何より大切にしたいのが防寒性。

今回14℃(気象庁発表温度)の海に3時間ほど入ってきました。

結果:
最後のほう、少し手がかじかんでくるものの、全然耐えらます!

さすがにここは、高級サーフグローブとは差が出るポイント。
2時間過ぎたあたりから、少しずつ手が冷たい気がしてきます。

しかし、基本冬は1−2時間の短時間集中型サーフィンを行う私、
実際十分な時間保温してくれると感じております。

素材は測定値で3.5mm(ほぼ4mm)

サーフィン用として売られている商品と大差はありません。

動かしづらくないの:サーフィングローブより柔らかいです

そして最後に気になるポイント、
手指は動かしづらくないの?では無いでしょうか。

これは買ってすぐ気づいたポイントでもあるのですが、
一般的なサーフグローブよりも、むしろ柔らかく作られています。

4mm近い分厚さがありながらも、手にフィットする感覚、
すごく使いやすいと感じました。

自分のお財布と身体にあったサーフィングッズを

自分のお財布と身体にあったサーフィングッズを

いかがでしたか。

サーフィングッズも意外なところで手に入ることがあります。

こういったグッズは一度話題になるとすぐに売り切れてしまうところが、
気をつけたいポイントですね。

安くても質の良い商品を見つけたときの嬉しさってありますよね。
ぜひ、お財布にも、自分にも優しいお気に入りグッズを見つけて、
サーフィンを楽しんでください。

では1173を!

-Surfing, Surfing goods
-,

Copyright© 1173Life , 2022 All Rights Reserved.