Surfing Surfing goods

【初心者必見】初めてのサーフィン 必要なものリスト

【初心者必見】初めてのサーフィン 必要なものリスト

最近新しいスポーツに挑戦したいんだよね!
1173さんがやってるサーフィン始めてみたいな

しゅみ子
1173さん

楽しいからやってみなよ!
初心者でもすぐに始められるよ!

何を持っていけばいいのかわからない!
始め方を教えて〜!

しゅみ子
1173さん

じゃあリストにまとめて見てみよう!

サーフィンを始めるのに必要なもの

夏も近付き、サーフィンを初めてみたい方も多くいると思います。

あたらしい事を始めるのって、エネルギー使いますよね。

準備だけで、脳も体も疲れちゃうなんてことも。

そんなエネルギーをサーフィンだけに注力できるように、
こんかいはサーフィンを始める時の準備リストを
公開していきたいと思います!

この記事は、初心者さんに向けて書いているので、
自分で買うもの(事前に準備するもの)
レンタルするもの

に分けてご紹介していきます!

サーフィンを始めるには:準備するもの

早速サーフィンを始めるために必須で必要な持ち物を
リスト形式で紹介します!

  • 水着(夏以外はタイトなもの)
  • タオル
  • サンダル
  • 日焼け止め(男子も)
  • 化粧水

ええ!これだけ!?
海水浴じゃん!

しゅみ子
1173さん

実はそうなんだよね!
最近は海の近くにサーフショップがおおくあるから、
必要なものは基本的にレンタル出来ちゃうんだ!

もちろんショップで、水着とかタオルも買えるけど、
現地はちょっと割高だね!
だから持ち物リストにいれたよ!

強いていうなら、
濡れたものを入れられる袋もあるといいかな!笑

ちょっとそれぞれの説明も付け加えようか!

水着(夏以外はタイトなもの)

水着(夏以外はタイトなもの)

海といえば!忘れてはいけないのが水着!

フリフリで花がついていたり、かっこいい長めのトランクスパンツなど
今では水着だけでもたくさんの種類があります!

しかし、サーフィンでは基本的に夏以外はタイトなタイプがオススメです!

理由は
真夏以外は基本的にウェットスーツを借りることになるからです!
ただでさえ、ジャストサイズで着る必要のあるウェットスーツ、
フリフリの水着や、トランクスタイプの水着を着ていると…

圧迫されて、あとで痛い思いをします!
最悪鬱血してアザができるケースも!

基本的には、インナータイプのものや、フィットネス用の水着などが調子いいです。

今度おすすめの水着などもご紹介したいと思います!

タオル

次に持っていきたいのはこれ!
タオルです。

意外と忘れることの多いタオル。

経験を積んだサーファーでもタオルを忘れてしまうことがあります。

タオルを忘れてしまうと帰り際に苦しい思いをすることになります。

タオルなんて買えばいいじゃん。

そんな意見もあるかと思います。

基本的に、サーフショップのタオルは少しお高めです。

無駄な出費を減らして、サーフボードのお金に回す、
これをするために、タオルは是非持ち歩きたいものです。

おすすめのタオルは、断然ポンチョタイプのタオルです。

こちらも今度ご紹介いたします!

サンダル

当たり前のものが続きます。

サンダル!

サンダルを忘れると、
サーフショップから海まで続く道路(アスファルト)を裸足で歩くことになります。

断言します。修行です。

ちなみにサーファーの悲しい現実をお伝えすることになりますが、
黒のサンダルは盗まれやすいです。

Teva や Shakaなどかっこいいサンダルを履いていくと、
悲しい思いをすることもあります。

できればやすいサンダルを海用として、一つ持っておくといいですね!

日焼け止め(男子も)

忘れてはいけないのが、日焼け止め

夏だし、かっこよく黒い肌を目指したい!

なんて方こそ日焼け止めは必須です。

健康的な黒い肌
それは、日常生活の中でゆっくり焼いてこそ成り立つ肌なのです。

1回の海で焼こうなんてすると、
仕上がるのは皮膚がボロボロになった痛々しい肌です。

私の友人も何人か、日焼け止めをバカにし、
鼻の頭がポロポロ剥ける状態で会社へ出社しておりました。

日焼けどめの重要性については、下の記事も是非参考にしてください。

必見
【紫外線を浴び続けるサーファーの日焼けケア】肌荒れの原因はうっかり日焼け

みなさんこんにちは。 1173lifeです! 今日は肌荒れに悩まされているサーファーの皆さんに、お手軽で、簡単で、肌荒れを抑えられるポイントをお伝えしていきます。 年中悩まされる、ニキビや、テカリ、シ ...

続きを見る

化粧水

意外と皆さんが持ち歩かないのが、この化粧水

最低限の荷物の中にもわざわざ入れるほど、化粧水は大事です。

海から上がりあなたの肌は、
塩、日差し、風によってダメージを大きく受けております

普段ケアをしていない方も、海上がりは特にケアをした方がいいです。

肌ケアを怠ると、ニキビ、しわ、しみの原因になり、いいことはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後におさらいとして、ポイントと持ち物をまとめます。

  • 水着(夏以外はタイトなもの)
    • 基本的には、インナータイプか、フィットネス用
  • タオル
    • ポンチョタイプがおすすめ
  • サンダル
    • 取られてもいい安価なものを
  • 日焼け止め(男子も)
    • 肌を焼きたい人こそ、日焼け止め
  • 化粧水
    • 海の後はダメージいっぱい

あまり多くのものを持っていって、あたふたするのではなく、

少ない荷物で、サーフィンに集中して
最高の体験を楽しんでください!

-Surfing, Surfing goods
-, ,

Copyright© 1173Life , 2022 All Rights Reserved.