Surfing Surfing technic

【掘れた波の攻略】ポップアップテイクオフの身体の使い方

早い波や掘れた波に出くわした時、
テイクオフしようと思った頃には、波から叩き落とされパーリング。
そんな苦い経験ありませんか。

そんな時、役に立つのが”ポップアップテイクオフ“

テイクオフの工程を最小限に抑えつつ、一瞬でテイクオフを成功させることができる、
そんな夢のような技です。

ただ一瞬といっても、
闇雲に急いでテイクオフをしようと、飛び起きるように立ち上がるだけでは、
波に置いて行かれてしまったり、
波から叩き落とされてしまったり、
バランスを崩し、転びながら波を駆け降りてしまったりと、
うまく行かないことが多いです。

今回はそんな苦い経験をお持ちの皆様に向けて、ポップアップテイクオフの使い所、
そして身体の使い方やフォーム、意識すべきポイントを紹介していこうと思います。

どの場面で使うの?:掘れた波やブレイクの早いダンパーの様な波です。

ポップアップテイクオフとは、早い波や掘れてくる波に対して、
ジャンプするように一瞬でテイクオフの動作を行うことを言います。

これが役に立つのが、掘れた波や早い波。

しかしこのテイクオフは、難易度が高く、
原理を理解せずに、
プロサーファー達の動画の真似をしているだけでは、成長を妨げてしまうことがあります。

普段の腰腹程度のサイズで、ゆったり崩れるような波では、飛び上がるようなテイクオフはしない方が無難です。

しかし良い波ばかり選べないのが現状、
ダンパー波でしか入れない日もあるはずです。

そんな日に、テイクオフと同時に波がで崩れておしまいでは無く、
ダンパー波に一発当て込み、周りから一目置かれるサーファーなんて目指してみませんか。

ポップアップテイクオフを成功させる5つのコツ

今回は5つのポイントに分けて紹介します。
それは、こちらです。

  1. 目線を進行方向に向ける
  2. 骨盤を締め、テールを押さえる
  3. プッシュアップで板を安定させる
  4. 飛ばずに前足をみぞおち付近へ素早く移動
  5. 中腰をキープ、すぐに立ち上がらない

この5つのポイントに気をつけることで、身体の使い方やフォームが安定します。

勘のいい人は、これだけで少しコツが掴めるのでは無いでしょうか。

次の章では、これらを簡単に解説していきたいと思います!
それでは早速いってみましょう!

目線を進行方向に向ける

まずどんなテイクオフでも、目線は必ず進行方向に向けてください。

波が気になる気持ちは分かりますが、後ろを見すぎるなど、
目線と進行方向が食い違うと、パドルの速度が急激に下がります。

とくに崩れるのが早い波は、岸でなく横!進行方向の波の面を見てください。
その際に注意してほしいポイントは、ボードも目線に合わせて少し横に向けることです。

ボードを横に向けることで、波の位置も周辺視野で確認できるはずです。

また、目線はなるべく水平方向を意識してください。

ボトムを見過ぎてしまうとパーリングの可能性がぐっと増えてしまいます。

テイクオフの際も、手元を見たくなる気持ちは分かりますが、
ボードは見なくてもテイクオフできるように陸トレで癖づけておく事が大切です。

両足を閉じて、テールを押さえる

掘れる波でパーリングが起き易い理由は、
サーフボードのテールをすごい勢いで巻き上げられるからです。

テールを両足でしっかりと抑えておくことで、
テールを巻き上げる波の力を推進力へ変えることができ、
普段より早い、ボードの走りだしにつなげることが出来ます。

注意してほしいポイントはこちら!

  • 無理にテールを沈めすぎない。
  • サーフボードが常に水平を保てるように意識する。

つまりパドルの時も、テールが巻き上げられる時も、常にボードを水平を保つという事。
これがとっても難しいのですが。

1173さん

あまり意識しすぎると、ノーズが浮き上がったり、ノーズが沈んだりを繰り返すかも!
まずは、足を閉じることだけでも意識してみて!

プッシュアップ(手でボードを押す)で板を安定させる

次に、プッシュアップをしっかりと行なって前足を入れるスペースをしっかりと確保してください。
プッシュアップが小さいと、前足を入れ込むことができずテイクオフが遅れてしまったり、
一発でスタンスポディションへ足を持っていくことが出来なくなってしまいます。

注意すべき3ポイントはこちら!

  • レールをがっちりと掴まない
  • 力を入れすぎない
  • 手をつく位置は胸の横あたり

これらを意識することで、ボードのグラグラを防ぐことが出来ます。
テイクオフの瞬間になると、意識していることがすべてすっぽ抜ける方が多い印象。

上で紹介した『目線』『両足でテールを押さえる』は必ず意識してください!

ジャンプをせずに、前足をみぞおち付近へ素早く移動

プッシュアップをしっかりと決め、ボードが安定して走り出した時、
ジャンプしてしまったら、今まで培ってきたボードのバランスが台無しに。

バランスを崩しパーリングしてしまいます。

実は、飛んでいる様に見えるポップアップテイクオフも、
後ろ足、前足の順にスライドして足を付いているのです。

プッシュアップで作った胸の下のスペース、
みぞおちがあった部分に前足をすばやく滑り込ませるように移動させてください。

非常に難しい技術です。
これができるように、陸トレをしっかりと積んでください。

ここまで出来れば、ひとまずテイクオフの一連の動作がひとまず完了。

しかし、気を抜いてしまうとすぐに波に飲み込まれてしまいます。
そこで、つぎの項目もしっかりと意識してほしいです!

中腰をキープ、すぐに立ち上がらない

テイクオフできたからと安心して膝、腰を伸ばしてしまうと、
掘れる波のスピード感に身体の重心がついていけず、倒れてしまいます。

中腰の状態をキープして、まずは波のフェイスをしっかり走りましょう。

スピード感に身体が慣れてきたら、ゆっくりと身体全体を使ってボードをコントロールします。

1173さん

よくある間違いとして、しゃがんでしまう人がいるよ!
お尻を落としてしまうと、後ろに重心が偏ってライディングを失敗してしまうかも。
注意してね!

まとめ:5つのポイントを意識して掘れる波をポップアップテイクオフで攻略!

5つのポイントで掘れる波を攻略

5つのポイントをしっかりと意識して、掘れる波、早い波をぜひ攻略してください!

掘れる波がもたらしてくれる、いつも以上のスピード感がさらなるサーフィンの楽しみへと誘い、
今以上にサーフィンの沼にはまっていくことになるはずです。

パドリングの体制から、両足ジャンプして、パッと立つイメージ

一見早いスピードでテイクオフできるが、足の位置が定まらず、ブレやすい

コツとしては、とにかく落ち着いて丁寧に立つことが大切。

ゆっくり行動するのではなく、落ち着いて速やかに。

陸トレもうまく活用しながら実践してみてください!

それでは1173を!

-Surfing, Surfing technic
-,

Copyright© 1173life , 2022 All Rights Reserved.