Surfing Surfing goods

【2022年2月】カー用品編 Amazonで買えるサーファー向け便利グッズ

こんにちは1173Lifeです。

近頃ネットショップでは、いろんな業界の便利グッズが展開されています。
そしてその波はもちろんサーフィン界にも。

多すぎて選べない。
何がいいのかわからない。

そんな声が聞こえてくるほど多くの商品があります。

そして、1173Lifeメンバーが普段使用している、
おすすめのグッズについては、多くの質問をいただいており需要も多いはず!

なので、今日はそんなサーフィン便利グッズの中で、
実際に使って本当に便利と感じた商品を、
シチュエーション別にまとめて紹介していきたいと思います。

今回はカー用品編です!早速見ていきましょう。

サーファーの必需品はこれだ:カー用品編

サーフボードキャリア

サーフィンで絶対に必要なのが、サーフボード。
でも場所をかなり取ってしまい、車の中が窮屈。
なんて方にお勧めしたいのが、サーフボードキャリアです。

車内、車外どちらもお勧めのものがあるので順番にご紹介します。

車内のサーフボードキャリアはこれ1択:KBER キャリアハンガー

運転席に手すりがない場合は、こちらを合わせて購入。
後部座席から助手席の手すりに対角に設置すれば、
運転席の手すりがなくても、車内にサーフボード入れ込めます!

車外のサーフボードキャリアはこれ:Funktion サーフボードソフトルーフラック

外にサーフボードを取り付ける場合、飛ばされるのが怖いですよね。

実際に使ってみて、取り付けが簡単でありながらも、
ガッチリと固定してくれるので安心して使えました。

高速道路も楽ちんです。

携帯シャワー

携帯式のシャワーがあれば、
近くにサーフショップや公共シャワーがないサーフポイントにも、
気軽に遊びにいけるようになります。

携帯シャワーは水圧がピンキリです。
そして、今までいくつかの種類を購入した中で、おすすめはこちら!

電動式シャワー:ロゴス

他の電動シャワーにくらべて、心地よい水圧がオススメポイント!
冬はちょろちょろシャワーでは頼りないので、必要な自己投資です!

手動式シャワー:マクロス

費用が抑えらる、手動式シャワー。
手動式はおそらくマクロスが一番使い勝手がよかったかと。
ポリタンクの蓋になるタイプは、壊れやすく残念商品でした。

ポリタンク and 保温カバー

電動シャワーと一緒に用意していただきたいのが、ポリタンク。
暖かいお湯の温度を保つのに保温カバーも一緒に購入しておくのがベストです。

このセットがあれば、ロードトリップサーフィンを様々なポイントで楽しめるのではないでしょうか。

容量は10L / 1人程度あれば、十分塩を流せます。
20Lあれば、板、ウエット、リーシュを洗っても十分に残ると思います。

いつまでも暖かい:Synergy 保温カバー付きポリタンク20L

とりあえずポリタンクだけ買いたい:TS 10Lポリタンク

保温カバーだけ買いたい方向け:Fruition ボアポリタンクケース

見た目もおしゃれなボア素材。
サーファートレンドをしっかり抑えつつも、機能に優れた商品です!

ウォーターボックス(バケツ)

忘れてはいけない必需品といえば、ウォーターボックス。
ウェットスーツだけでなく、水着やタオルなどの洗濯物も一同に仕舞い込んで置ける、このバケツ。
特にサーファー向けに、素材や大きさ、
使い心地にこだわったTOOLSのものが一番使いやすいです。

これ1つで十分:TOOLS ウォーターボックス

サーフアイテムで間違いないのが、TOOLSです。

サーファー向けの商品であるため、非常にちょうどいい大きさ、
そして柔らかさ。
持ち運びのさいには、手持ち部分がしっかりとしなって、持ちやすいのに、
バケツとして使う時にはへこたれない。
使い勝手がいい商品です。

サーフィングッズを揃えて自分だけのサーファーズカーライフを!

車に常備しておきたいグッズを紹介させていただきました。

定番アイテムから、隠れアイテムまで、
痒いところに手の届くイチオシアイテムばかりです。

つぎのサーフィンまでに、いろいろ揃えてみてはいかがですか?

快適なサーフィンライフをぜひお楽しみください。

-Surfing, Surfing goods

Copyright© 1173Life , 2022 All Rights Reserved.